カレンダー
October 2014
M T W T F S S
« Jun    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

年令

かっこいい船

ボート免許にはいくつかの種類があります。
本格的なマリンライフを楽しむためには1級小型船舶操縦士の免許が必要です。
これは20トン未満までの船を操縦でき、航行区域は無制限です。
取得年齢は18歳以上です。
最も一般的なボート免許は、2級小型船舶操縦士の免許です。
これはボートやヨットなどのマリンスポーツを楽しむ人に向いています。
航行区域は海岸から5海里以内と決められており、16歳以上なら取得できます。
免許の取り方ですが、一般的なのは免許スクールや教習所に通う方法です。

スクールと教習所
免許スクールは日本全国にありますので、最寄りのスクールに申し込んで受講することになります。
スクールによって独自のカリキュラムを組んでおり、受講料などもそれぞれ違うので、事前に調べておくことが必要です。
これらの免許は国家試験に合格しなければなりませんので、そのつもりで勉強することが大切です。
本格的なマリンライフを目指す場合、水産高校や民間企業で主催している小型船舶教習所に入校して免許取得を目指す人もいます。

独学で取得する場合

クルージング

このような教習所では法律に定められたカリキュラムを履修するので、修了試験に合格すれば学科試験と実技試験を免除されます。
不合格の場合は手数料を払って再試験することができます。
またこのようなスクールや教習所を利用しないで、独学で免許取得を目指すこともできます。
学科試験だけなら独学でも合格することができますが、実技試験は経験者に直接指導を受けたりする必要があります。
合宿などで集中的に実技を覚えることも可能です。

ボート免許とは
ボート免許、正式には小型船舶免許といいますが、エンジンを搭載している船舶(ボート、ヨット)はもちろん水上オートバイを操縦するのにも必要な国家資格です。
国家資格というと敬遠したくなる気持ちになるかもしれませんが、この免許があると無いとでは大違いで、この免許一つでマリンレジャーがより楽しく有意義になってきます。
水上オートバイを操縦するなら特殊小型船舶操縦士、そうでないなら2級小型船舶操縦士、これなら20トン未満の船を海岸から5海里まで操縦できます。

短期間で

夕日

免許を取るには、国家試験を直接受験する方法もありますが、普通は教習所で国家試験免除講習を受けることになります。
2級小型船舶操縦士で学科講習が12時間+試験70分に実技講習4時間+試験25分、特殊小型船舶操縦士で学科講習が6時間+試験50分、実技講習1時間30分+試験20分、でいずれにしても結構なボリュームがあるのは事実です。
ちょっとつらいかもしれませんが、この教習をできるだけ早く終わらせて、待望のボート免許を取得したいところです。

短期間で免許を取得
この免許を短期間で取得しようとすれば、合宿コースを選ぶといいでしょう。
たとえば2級小型船舶操縦士免許の場合、合宿ならわずか2日間で取ることができます。
1級小型船舶操縦士免許になると、学科12時間+試験70分が別に追加されるのですが、合宿コースを選ぶと、これだって3~4日で取ることが可能です。
ボート免許を取ろうとする方は、一刻も早く取得してマリンレジャーを楽しみたいはずですので、Webでお近くで合宿コースを設置している教習所を探して選ばれるといいと思います。

アーカイブ
カテゴリー